歯の色を綺麗にしたい方

  • TOP
  • 歯の色を綺麗にしたい方

歯の色を綺麗にしたい方~審美歯科・ホワイトニング~

口元は顔の中心にあり、初対面のときにも目立つ存在です。歯の色を綺麗にすることで、好印象につながります。ホワイトニングによって歯を白くしたり、銀歯をセラミックの人工歯に替えたりすることで歯の色を美しくする治療を審美歯科治療といいます。

こちらでは熊本市の歯医者「翼ハロー歯科・内科診療所」の審美歯科治療についてご紹介します。当院では、患者様とのカウンセリングをじっくり行い、患者様のご要望に沿った治療のご提供に努めています。綺麗な歯を実現したい方、一度当院へご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

コーヒーや紅茶、ワイン、カレーなどの飲食物、たばこのヤニ、加齢などによる歯の黄ばみが気になっていませんか? 「歯を白くしたい」という方に、当院ではプレミアムクリーニング、プレミアムホワイトニングの2コースをご用意しています。

歯のクリーニングであるプレミアムクリーニングコースでは、歯石や着色などの汚れを丁寧に除去してから、フッ素コートや歯肉・唇マッサージなどによって、口元全体を美しく健康的に整えます。ところが、歯のクリーニングによって汚れは落とせますが、黄ばんでしまった歯を白く輝かせることはできません。そこで、歯を削らずに薬剤を使用して歯を白くする治療がホワイトニングです。

リラクゼーションカプセルとは

リラクゼーションカプセルとは

当院では、患者様に心地よく感じていただける口元のケアメニューによって、お口の健康と美しさをサポートしていくことを目指しています。当院のホワイトニング治療では、「リラクゼーションカプセル」に包まれながら、施術を受けていただきます。

カプセルに入れば、アロマの香りやヒーリング音楽、包まれるような温かさ、うっとりするようなLEDライト、心地よい振動――。体じゅうに受けるあらゆる感覚によって、患者様は深いリラクゼーション効果がもたらされます。

従来の歯の治療のように、患者様が「がまんする」時代はもう終わりです。まるでエステサロンのように、心身ともにリラックスした状態で綺麗になれる、ホワイトニング治療を試してみませんか?

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」とは

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」とは

ホワイトニング治療には、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、患者様のご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」があります。当院では、両者の組み合わせによって、白さを長くご実感いただくことが可能です。

オフィスホワイトニングは漂白効果が高い薬液を歯に塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くします。1回の来院で治療が完了しますので、ホワイトニング効果をすぐに実感することができます。その一方、色の後戻りが早いのが欠点です。

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」とは

これに対してホームホワイトニングは、患者様の歯並びに合わせたマウストレーを作製し、トレーに薬剤を注入して毎日一定時間お口に装着していただくことで、少しずつ歯を白くしていきます。次第に白くなる分、色の後戻りもゆっくりです。

当院ではオフィスホワイトニングを受けていただいた方にはホームホワイトニングキットもプレゼントしています。オフィスホワイトニングによって効果をすぐに実感でき、ホームホワイトニングによって効果を持続させることが可能です。

PICK UP! ポリリンプラチナホワイトニング

PICK UP! ポリリンプラチナホワイトニング

従来のホワイトニング治療に対しては、「痛い」「しみる」「満足いく仕上がりにならない」といった不満を訴える方が多くいらっしゃいました。そういった従来の治療の欠点を改良したのが「ポリリンプラチナホワイトニング」です。

ポリリンプラチナホワイトニングは、ホワイトニング剤に加えて、「分割ポリリン酸Na」を加えたホワイトニング治療です。分割ポリリン酸Naは生物の体内にもともと存在している生体成分で、安全性も認められているおり、体にも安心です。

「分割ポリリン酸Na」は漂白力が強く、個人差はあるものの、従来のホワイトニング剤より3倍も白くなるという報告も。さらにコーティング作用によって、透明感のある仕上がりを実現することも可能です。

「分割ポリリン酸Na」には痛みを感じにくく、しみにくいという特長や、黄ばみの原因となるステインの再付着を防ぎ、歯質を強化する働きもあります。見た目の改善とともに、虫歯や歯周病予防効果も期待できる優れたホワイトニングなのです。

補綴物について

補綴物(ほてつぶつ)とは、歯が欠けたり抜けたりした箇所を補うインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)のことです。金属やセラミックなど様々な素材があり、審美性や機能、費用の面でそれぞれにメリットと注意点があります。

こちらでは、当院でお取り扱いしている補綴物についてご紹介します。お口の中で目立つ銀歯をセラミックの歯に取り替えて、自然な白さで美しい見た目を実現しませんか? 当院では、審美性だけでなく機能性にも優れた補綴治療を目指しています。

オールセラミック(自費)

すべての素材がセラミックでつくられている詰め物や被せ物です。天然の歯のような美しさと透明感を実現でき、変色もほとんどありません。金属アレルギーの心配もない素材です。なお、咬み合わせが強いと破折する場合があります。

メタルボンド(自費)

外側がセラミックで、内側のフレームが金属でできている被せ物です。外側のセラミックは天然の歯のように美しく、変色もほとんどありません。金属フレームは強度があり、前歯でも奥歯でも使用できます。金属アレルギーの心配はあります。

ジルコニア(自費)

ジルコニアは人工ダイヤモンドともいわれる白いセラミック素材です。耐久性と審美性に優れ、体との親和性も高く、金属アレルギーの心配もありません。光を透過し、より天然の歯に近い色味を実現できます。変色もほとんどありません。

ゴールド(自費)

金を80%以上使用した金合金で作製された詰め物や被せ物です。保険適用の金属よりも少しやわらかいので、歯にフィットした補綴物を作製でき、虫歯の再発を防いでくれます。耐久性があり、歯茎の変色や金属アレルギーを起こす心配も銀ほどありません。

パラジウム(保険)

保険適用の治療で使用される銀合金の詰め物や被せ物です。安価で治療できますが、歯と補綴物との間にすき間ができやすく、虫歯の再発リスクがあります。お口の中では目立ってしまい、歯茎の変色や金属アレルギーの心配もある素材です。